チャットで接客をするときの注意点

チャットを使って接客をするというのは人件費の削減や効率を高めるために注目されていた方法ですが、現在では新型コロナウイルスによって人との接触を避けるという点においてもメリットがあるものと考えられています。チャットで接客をするといってもいくつかの種類があり、単純に担当者の対応を置き換えるというものから一定の問答を想定しておき、そこからお客様が求める回答を行うというものがあります。多くの場合にはこの両方を採用し、一定の問答を行いそれでも解決しない場合には担当者が対応するというのが一般的なものです。チャットで接客をするときの注意点としては、この問答について充分にお客様が求めるものと合致しているかどうか常に検証しなければならないということです。

見当違いな回答をしていればせっかく導入しても意味がありませんし、結局担当者が対応しなければならず人件費の削減といった面でまったくの成果を得ることができません。このようなことから多くの場合では問答を行いその結果にお客様が満足したかどうか評価してもらって、より精度を高めていくAIの仕組みが重要とだってきます。また問答からお客様が求めている情報が何であるのか担当者に分かりやすく伝える方法も想定しているものである必要があり、これらによってスムーズに対応することが可能となるものです。いずれにしても学習能力のあるもので行うことがチャットで左脚を行う上では欠かせない要素と言えます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.