カスタマーサポートを強化するチャットシステム

WEBマーケティングでは見込み客を獲得した後は、できるだけ確実に成約まで導入することが重要です。成約率が低いとそれだけ機会損失が多いことになり、収益性が悪化するのが理由となります。ここで成約率を高める方法ですが、チャットシステムを導入するのが選択肢の一つ。カスタマーサポートとして顧客や見込み客の相談にチャットでこたえることで、成約・リピート率の可能性がたかまるのです。

顧客は一般的に知りたいことを十分に、そして迅速に把握できるサービスに好印象を持ちます。WEBサイトに掲載されている情報では不足な場合には、メールや電話で相談するのケースもありますが、それよりも目につくところにチャットボタンがあり、カスタマーサポートをすぐに受けられるなら、これは便利だと判断するわけです。チャットはすぐに返事がきますし、対話するようにスムーズなやり取りができるのも魅力。このために大手企業はもちろん、カスタマーサポートを重視する会社では導入が進んできています。

業績が伸びている企業もありますので、一度は検討してみてはいかがでしょうか。なおチャットを使ってカスタマーサポートを用意すると、既存顧客を失うリスクも低減できます、既存顧客を失うと代わりに新規顧客を探さないとなりませんが、これが損失が大きいのです。一般的に既存顧客を維持するより、新規顧客を獲得するほうが圧倒的に広告コストなどがかかるので、できればカスタマーサポートを充実させることが大切です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.