カスタマーサポートでチャットを活用

カスタマーサポートは顧客からの質問やクレームなどを受け付け対応を行う業務です。大規模なコールセンターなどではカスタマーサポートのために数多くのオペレーターを配置しているものです。しかし、最近では電話対応ばかりではなく、メールやWEB経由の問い合わせもあり、そのようなものにも対応する必要があります。カスタマーサポートの業務は、顧客対応だけではありません。

問い合わせ内容を管理し、さらにはオペレーター同士で共有する必要があります。誰もが同じレベルで対応するためには必要不可欠なことだと言えます。また、顧客情報の管理も必要となります。問い合わせ内容と合わせて管理する必要があり、その内容をマーケティングに活用する企業も多いです。

ただこのカスタマーサポートの業務を軽減するために、チャットボットが広く利用されています。問い合わせ内容を分析すると、意外と同じような質問が多いことに気がつきます。それをチャットボットにより自動回答し、顧客の自主解決をサポートします。チャットボットを初めて導入する場合、ノウハウがないとなかなか大変です。

そんな時にはサポートが受けられるものを選ぶことをおすすめします。テンプレートが準備されているものもあります。クラウドサービスでもチャットボットがありますので、それを利用すると導入が比較的容易だと言えます。申込みをすると、短期間で利用できる環境が提供されます。

問い合わせ内容さえ整備すれば、本稼働も難しくありません。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.