企業サイトでのチャットボットを活用した接客

チャットボットを活用した接客技術がたくさんの場所で使われるようになりました。企業が行っているサービスのウェブページなどには情報がたくさん載っています。しかし訪れた人はなかなか好みの情報を探し出せず、情報が充実しているが故に分かりにくいという悩みを抱えてしまいます。そこでチャットボットを用いた接客を使う事で、客の求める情報を快適に表示させる事が出来ます。

文字を使うとは言え会話なので、まるでホテルマンがエスコートしてくれるかの様に必要な情報へ案内してくれるのです。接客チャットボットから「何を見に来たのですか?」という質問があり、それに答えていけば正しい場所へ案内してくれます。ありがたいことにその質問には選択肢のボタンで回答が可能なため、ある程度はチャットで文字を打たなくても案内してもらえるのです。質問にいくつも答えていけば、例えば家電のサイトであれば商品が見たかった、パソコン関係の物が見たい、本体ではなく周辺機器でセール品を探している、などと情報を絞り込んでいけます。

そして、そこまで絞り込めばあとは最適なページを表示するだけなので、客の要望を満たすためにチャットボットはかなり使えるシステムだと言えるでしょう。家電でなくてもどういったサービスでも使える仕組みなので、チャットボットはこれからもたくさんの場所で使われていくに違いありません。簡単に導入出来るツールも各社から登場しており、使えば使うほど賢くなっていくのです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.