チャットを使ったWEBマーケティング

チャットとはリアルタイムで意見の交換ができるツールです。いままでは間接的だったwebでのやり取りを直接的なものに帰ることができます。ダイレクトな意見を聞くことができればWEBマーケティングに活用することができます。やり取りされる内容は、顧客の不満や疑問点であることから改善のもととなるものが多く含まれています。

特に記載されている説明に対する質問であれば、記載がわかりにくいか探しにくいことが考えられます。チャットを記録することで、WEBマーケティングでのデザインの評価につなげることも可能です。デザインを変更した後で質問が増えるということは、興味が多くなったのか、わかりにくいかのどちらかです。内容によって判断する事ができるはずなので、しっかりと記録しておきましょう。

チャットへの書き込みが多いページを解析することも重要です。アクセス解析と合わせて分析することで、より明確にWEBマーケティングに活用できるでしょう。質問があるということは興味を示していることの現れなので、購買への誘導に何が必要かを知ることができます。製品の不満であれば開発につなげることもできるでしょう。

他社との比較などは、競合となるものを把握する事ができる貴重な情報です。チャットのやり取りは必ず記録して、いつでも確認できるようにしておきましょう。書き込みのある時間も訪問する顧客の生活習慣の傾向を解析するためのデータとなるはずです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.