チャットボットの成功事例

会話のシミュレーションを行うプログラムであるチャットボットですが、業務効率化に大きく貢献するため、多くの企業が導入しています。そして導入の増加に伴い、成功事例も増加傾向にあります。まずアスクルでは、運営しているネット通販サービスのLOHACOにおいて、「マナミさん」というチャットボットを活用しています。これはカスタマーサポート用ですが、導入によりコスト削減と業務改善が実現しました。

またライフネット生命のチャットボットは、簡単な質問は自動で返答し、詳細なサポートが必要な場合にはオペレーターにつながるように設定されています。そのためカスタマーサポートの業務効率化だけでなく、ユーザーのストレスフリーも達成できました。そして、SBI損害保険も成功事例の一つです。保険の相談や見積もりにオペレーターが対応していましたが、24時間稼働のチャットボットを導入したため営業時間外でも対応できるようになりました。

その結果顧客満足度が向上し、オペレーターの負担も軽減しています。さらに、若者に人気のショッピングモールであるSHIBUYA109のホームページでも活用されました。フロアガイド・商品検索・在庫の問い合わせ・コーディネートの相談などに対応しており、商品情報は公式サイトから自動的に取得されます。顧客満足度や人件費削減だけでなく、こうしたマーケティングにも応用できるため、チャットボットの成功事例は今後も増えていくといえます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.